キャンドル活用法(4)「キャンドルを“育てる”」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キャンドルを灯し続けて使っていくことで、
キャンドルそのものの形状が変化していく様子を
「キャンドルを“育てる”」と言います。

灯す場所、環境で、キャンドルの溶け方が変わります。
溶け方が違うので、形も様々、キャンドルの表情が楽しめます。

溶けたロウの感じが好きで、キャンドルらしさを感じます。

炎が中に落ちていって、キャンドルの中から炎がキャンドルの
外側をホヤ上にして透ける感じが雰囲気が出てくるのですが、
これも育てていくことで楽しめることなのです。

「キャンドルを“育てる”」という使い方で長く灯すのが楽しくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. キャンドル活用法(3)キャンドルを点灯時に注意したいこと
  2. キャンドル活用法(1)キャンドルを上手に灯すコツ
  3. キャンドル活用法(2)連続燃焼は2~3時間を目安

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP